100%ケールだから効果が違う!ファンケル「本搾り青汁 プレミアム冷凍」

青汁には、冷凍タイプがあるのをご存知でしょうか。

 

わたしは知らなかったのですが、スーパーなどの冷凍コーナーにも冷凍タイプの青汁が置いてあるそうです。これから紹介するファンケルの本搾り青汁プレミアム冷凍も、スーパーなどで買うことができます。もちろん、他の青汁のように、公式サイトから定期購入もあります。

 

わたしの勝手なイメージなのですが、冷凍だと青汁の素材がそのまますぎて、味が不味そうだなというイメージがあります。粉末の方が、加工されたことで苦味やクセが軽減している感じがしませんか。実際は、どうなんでしょう?

 

では、冷凍タイプの青汁「本搾り青汁プレミアム冷凍」について詳しくみていきましょう。

 

 

粉末とは違う、本搾り青汁プレミアム冷凍

冷凍の青汁のメリットは、何といってもケールの鮮度が違います。
ファンケルの本搾り青汁プレミアム冷凍は、収穫したケールを絞って、急速冷凍しているので新鮮です。

 

□本搾り青汁プレミアム冷凍ができる工程

 

1、「収穫」
  愛媛、長野、鹿児島の契約農家で大切に育てられたケールの葉っぱを、1枚1枚丁寧に手摘みしています。

 

2、「輸送」
  鮮度を保つために、低温で輸送します。

 

3、「洗浄」
  パワフルな水流と、細かい水の気泡で丁寧に洗浄します。

 

4、「カット」
  素早く青汁に適したサイズにカットされます。この時、栄養価の高い葉っぱの部分を冷凍タイプ使うようにしています。

 

5、「搾汁」
  ファンケル マイルド テイスト製法によって、ケールの旨味やコクを残しながらも、青臭さは減らして搾汁します。

 

6、「急速冷凍」

 

本搾り青汁プレミアム冷凍でスムージー

半解凍の本搾り青汁プレミアム冷凍とミキサーにかけるだけでスムージーを作ることができます。スムージーにすることで飲みやすくなります。

 

「フルーツヨーグルト スムージー」
本搾り青汁プレミアム冷凍+フルーツヨーグルト+牛乳

 

「フルーツたっぷり スムージー」
本搾り青汁プレミアム冷凍+バナナ+キウイフルーツ+りんごジュース

 

「桃でさわやかスムージー】
本搾り青汁プレミアム冷凍+桃の缶詰+グレープフルーツジュース

 

 

本搾り青汁プレミアム冷凍1杯分の栄養

コップ1杯で、これだけの栄養を補うことができます。

 

食物繊維・レタス葉1枚分
ルティン・にんじん4本分
カリウム・いんげん19本分
βーカロテン・トマト2個分
ビタミンC・みかん6個分
ビタミンE・ピーマン5個分
カルシウム・牛乳130ml

 

他にも、ナトリウム、マグネシウム、鉄、ビタミンK、葉酸、総クロロフィルなどの栄養が含まれています。
1杯の本搾り青汁プレミアム冷凍で、厚生労働省が推奨する1日分の緑黄色野菜120gを摂ることができます。

 

 

原材料名・成分(1袋/100g)

ケール(国内産)/植物性ツイントース(オリゴ糖)/ビタミンC

 

・栄養成分

 

エネルギー・・・11−30kcal
食物繊維・・・0.1ー0.6g
食塩相当量・・・0.06−0.15g
カリウム・・・138−349mg
カルシウム・・・73−226mg
マグネシウム・・・19−33mg
鉄・・・0.14−0.78mg
ビタミンC・・・200mg
ビタミンE・・・0.32−2.1mg
ビタミンK・・・92−209μg
葉酸・・・38−127μg
総クロロフィル・・・16−35mg
SOD様活性・・・49,000−110,000単位
ルテイン・・・1.3−3.1mg
植物性ツイントース・・・500mg
βーカロテン・・・935−2,378μg

 

※注意
下記の人は、お医者さんに相談してから飲みましょう。
・お薬(特に血液凝固防止薬など)を服用中の人
・ビタミンKの摂取の制限を受けている人
・通院中の人

 

価格

【単品購入】

 

1箱 30袋
3,657(税別)
※3,950円(税込み)・・・1包あたり131.6円

 

 

【健康・得楽便(定期コース)】

 

・1箱定期購入 3,555円(税込)・・・1包あたり118.5円

 

 

送料は3,000円(税込)以上で送料100円。
3,000円以下は、一律460円の送料がかかります。

 

 

まとめ

粉末タイプでも、効果の評判がよかったファンケルの青汁ですが、冷凍タイプも同様に健康的になれるという口コミが多くありました。

 

ファンケルの青汁は、ケール100%で余計なものが入っていないからこそ、身体への良い変化が出やすいのかもしれません。
ただし、ケール100%なので味はかなりインパクトがあるようです。口コミでは、粉末タイプより冷凍タイプのほうがみずみずしくて飲みやすいとコメントがあったので、粉末がダメだったひとは冷凍なら大丈夫かもしれません。

 

冷凍タイプのデメリットは、冷凍庫の場所をとってしまうこと。とくに、定期購入だと多めに届くようです。冷凍庫の空きが少ない場合は、スーパーでの購入がおすすめです。