種類が沢山ありすぎで迷っている人 必見!あなたに合った「青汁の選び方」

青汁の効果を知り、いざ青汁を買ってみようと思ったのですが、種類が多すぎて何を選んだらイイのかわからなりお困りの人はいませんか?
ここで紹介しする青汁も、売られている青汁のほんの一部でしかないのですが、選ぶ方法として見てもらえると選びやすくなると思います。

 

「効果、味、価格、産地、青汁の形状」で、オススメの青汁をまとめたので参考になればと思います。

 

1、効果で選ぶ

「便秘解消に効果がある青汁」

 

明日葉には水溶性食物繊維が多く、大麦若葉は不溶性食物繊維を多く含んでいます。明日葉と大麦若葉両方入った青汁を選ぶといいでしょう。
また、成分表に「難消化性デキストリン」というトウモロコシやじゃがいものでんぷんから作られた水溶性食物繊維の記載があるものもおすすめです。難消化性デキストリンは、トクホなどにも使われている原材料なので安心して飲むことができます。便秘には難消化性デキストリンが有効です。

 

よって便秘の人は、
『明日葉+大麦若葉を含む青汁』
『大麦若葉+難消化性デキストリン』
原材料がこのような組み合わせになっている青汁を選びましょう。

 

□便秘にオススメの青汁
・ふるさと青汁
・リッチグリーン
・ユーグレナの緑汁
・ ファンケル 本搾り青汁ベーシック
・ステラ 贅沢青汁

 

さらに、『乳酸菌』が含まれている青汁だとより効果的です。

 

□乳酸菌が入っている青汁
・黒糖 抹茶 青汁 寒天ジュレ
・フレッシュ フルーツ青汁
・めっちゃ ぜいたくフルーツ青汁
・オーガニック フルーツ青汁

 

 

「ダイエットに効果がある青汁」

 

青汁はダイエットにも効果があります。

 

ただ青汁を飲むだけでは結果がでるまで時間がかかり、個人差もあります。青汁は1ヶ月以上は飲み続けることが重要です。
「置き換えダイエット、食前に青汁を飲む、おやつ代わり」などのタイミングに飲むことで、ダイエットの効果が出やすくなります。

 

【ダイエット効果のある栄養素】

 

食物繊維・・・・ぽっこりお腹に効果、便秘解消
ビタミン/ミネラル・・・消費カロリーUP
カルコン(明日葉)・・・むくみ、セルライト解消

 

 

いろんな青汁がたくさん売られていますが、その中でダイエットに向いている青汁を紹介します。

 

□置き換えダイエットにオススメの青汁
・すっきりフルーツ青汁
・めっちゃ ぜいたくフルーツ青汁
・フレッシュ フルーツ青汁
・オーガニック フルーツ青汁

 

□明日葉が入った青汁
・ふるさと青汁
・ファンケル本搾り青汁ベーシック
・ユーグレナの緑汁
・サントリー極みの青汁
・パインとりんごの青汁ゼリー

 

 

「美肌には」

 

青汁を飲んで美肌になりたいという人は、次の栄養素に注目して選びましょう。

 

【美肌に効果のある栄養素】

 

ビタミンA・・・βーカロテンが体内でビタミンAビタミンに変化します。潤いを保ち、肌のターンオーバーを正常化
ビタミンB群・・・ホルモンバランスの正常化、皮膚を健康に保つ、皮脂の分泌を正常化
ビタミンC・・・メラニン色素の沈着を防ぐ(美白)、コラーゲン生成、肌のハリUP、ストレス、抗酸化作用(老化防止)
ビタミンE・・・抗酸化作用(老化防止)、血行促進、肌のハリUP、紫外線ブロック
食物繊維・・・便秘解消、腸内環境を整える、脂肪や糖が吸収されにくい

 

□美肌にオススメ青汁
・ふるさと青汁
・ユーグレナの緑汁
・リッチグリーン
・フレッシュ フルーツ青汁
・めっちゃ ぜいたくフルーツ青汁

 

 

2、美味しさで選ぶ

青汁は毎日続けて飲むことで、より効果を実感しやすくなります。あなたが期待している効果から青汁を選ぶ方法もありますが、不味くて毎日続けられないようでは全く意味がありません。

 

青汁の味が苦手な人ほど、効果よりも「味」で選ぶことをおすすめします。

 

□飲みやすいと口コミの多い青汁(マズいの口コミが少ない)
・パインとりんごの青汁ゼリー
・黒糖 抹茶 青汁 寒天ジュレ
・すっきりフルーツ青汁
・オーガニック フルーツ青汁

3、続けられる価格、コスパで選ぶ

毎日、続けて飲むにはコスパも大事です。
高くて効果があるのはもちろん買いたいところなんですが、安くても効果を感じられる青汁は家計にやさしくて有り難いです。

 

値段と効果が釣り合う青汁を選びたいですよね。

 

□1包あたりが安い青汁(定期購入で1ヶ月1箱の場合、初回特価は含まない)
・ファンケル 本搾り青汁ベーシック(87.2円/1包)
・えがおの青汁満菜(89.8円)
・ステラの贅沢青汁(102.4円)
・フレッシュ フルーツ青汁(107.2円)
・パインとりんごの青汁ゼリー(111.1円)

 

4、産地の安心感で選ぶ

毎日飲むものだからこそ、国産の原材料であったり、余計なものが入っていない青汁を選びたいですよね。

 

原材料の表示というのは、含まれているものが多い順に並んでいます。青汁によっては糖質が1番はじめにきているものなんてものもあります。効果を実感したいのであれば、やはりケール、明日葉、大麦若葉などがはじめに記載されているものを選ぶといいでしょう。

 

やっぱり国産がオススメです。海外産の原材料の中には、農薬をつかって育てられたのもなどがあり、健康面で心配です。

 

□国産の原材料をつかっている青汁
・ファンケル本搾り青汁ベーシック(愛媛県、長野県、鹿児島県産のケール)
・ふるさと青汁(八丈島の明日葉)
・ユーグレナの緑汁(石垣島のユーグレナ(ミドリムシ))
・極みの青汁(熊本県阿蘇などの大麦若葉、鹿児島県屋久島の明日葉)
・えがおの青汁満菜(九州産の大麦若葉)
・リッチグリーン(九州産の大麦若葉)
・ステラの贅沢青汁(福岡県産のブルガリス種クロレラ、九州産のケール、与那国産の長命草)

 

・すっきりフルーツ青汁(国内産の大麦若葉、北海道産のクマザサ)
・フレッシュ フルーツ青汁(国内産の大麦若葉、鹿児島県産の明日葉、北海道産のクマザサ)
・めっちゃ ぜいたくフルーツ青汁(国内産の大麦若葉、クマザサ、明日葉、甘藷若葉)

 

・黒糖 抹茶青汁 寒天ジュレ(北海道産のクマイザサ)
・パインとりんごの青汁ゼリー(九州産のケール、明日葉、大麦若葉)

 

・ファンケル本搾り青汁プレミアム冷凍(愛媛県、長野県、鹿児島県産のケール)
・キューサイ ケール青汁 冷凍タイプ(国産のケール)

 

5、青汁の形状で選ぶ

□粉末タイプ
メリット
・個包装されているので持ち運びに便利
・長期保存できる

 

デメリット
・つくる、洗うのが面倒
・粉がまざりにくいものもある

 

 

□錠剤タイプ
メリット
・作る手間がかからずすぐに飲める
・不味くない

 

デメリット
・種類が少ない
・栄養価が少ないものが多い(効果を実感するのに時間がかかることが多い)
・価格が高めのものが多い

 

 

□ジュレ・ゼリータイプ
メリット
・個包装されているので持ち運びに便利
・作る手間がかからずにすぐに食べられる
・美味しいものが多い

 

デメリット
・よく噛まないとのどに詰まることがある
・添加物が入っている(過敏に気にする程の量ではない)
・価格が高めのものが多い

 

 

□冷凍タイプ
メリット
・栄養価が高い
・青汁本来のフレッシュな風味
・粉っぽさがない

 

デメリット
・価格が高め
・解凍の手間がかかる
・味は青汁感が強い

 

 

まとめ

青汁の色んな選び方を紹介しました。
青汁のどんなところを見て、自分に合った青汁を選べばいいのかイメージしやすくなったと思います。

 

味や効果は個人差があるので、やはり飲んでみないとわかりません。
初回限定でお試しできる青汁もあるので、そこからはじめてみるのもオススメです。中には、初回は格安ですが◯回まで解約できないという商品もありますので、購入前に問い合わせるとイイでしょう。(なかなか解約できないという口コミもあったので要注意です。)

 

□はじめての方 お試しがある青汁

 

【ファンケル 本搾り青汁ベーシック】
 お試しセット 780円
 セット内容(本搾り青汁ベーシック10本、シェイカー、青汁BOOK)
 https://www.fancl.co.jp/1st_fancl/trial/aojiru.html

 

【ふるさと青汁】
 14包サンプル付き 3,420円(税別)1箱/送料648円、2箱以上/送料無料
 とくとく便(定期購入)に14包無料サンプルが付いてきます。無料サンプルを試して、もし合わなければ返品・解約ができます。

 

【ユーグレナの緑汁】
 1weekお試しセット(7包) 700円(税込)

 

【リッチグリーン】
 初回限定トライアルセット(12スティック) 500円(税込)送料無料