健康診断でコレステロール値が高っかた人 必見!青汁で「コレステロールを下げる方法」

LDLコレステロールってご存知でしょうか。

 

HDLコレステロールとLDLコレステロールって似ているので、どっちかが良くて、もう一方は悪いという感じでわかりにくいですよね(わたしだけ笑 エレベーターとエスカレーターも一旦考えます)

 

旦那の健康診断の結果がでました。
毎年、中性脂肪が基準値より微妙に超えてしまいB判定になってしまいます。しかし、今年はプラスLDLコレステロールも基準値を超えてしまい引っかかってしまいました。血液ドロドロになり始めたということです…

 

青汁には、いくつもの健康にウレシイ効果がありますが、なんとコレステロールを減らす効果もあるようです。では、青汁のコレステロール減少の効果について詳しくみていきましょう。

 

 

LDL(悪玉)コレステロールとは

 

 

コレステロールとは、脂質です。
血液の中にあることはご存知だと思いますが、コレステロールは内蔵や筋肉、脳などにもあります。

 

コレステロールにはいくつか種類があります。血液検査の結果で見たことがあるのが総コレステロール、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロールではないでしょうか。

 

 HDL(善玉)コレステロール・・・余ったコレステロールを回収する
 LDL(悪玉)コレステロール・・・肝臓でつくられたコレステロールを全身に運ぶ

 

LDL(悪玉)コレステロールは、悪いものというイメージがありますが、そうではありません。
確かに増えすぎるLDL(悪玉)コレステロールと動脈硬化の原因になりますが、逆に少なすぎると血管が細くなり脳出血を引き起こしやすくなったり、精神の不安定、免疫力が低下します。
LDL(悪玉)コレステロールは、適量であれば体に必要な働きをしてくれています。

 

□基準値
 ・HDL(善玉)コレステロール 40mg/dl以下(低HDLコレステロール血症)
 ・LDL(悪玉)コレステロール 140mg/dl以上(高LDLコレステロール血症)
                120−139mg/dl(境界域LDLコレステロール血症)
 ・中性脂肪(トリグリセリド) 150mg/dl以上(高トリグリセリド血症)

 

コレステロールが多く含まれているものを食べてもOKだった!

健康診断の結果でコレステロールが高いと、コレステロールがたくさん入ったものを食べないようにするというのを聞いたことがありませんか。

 

実は、コレステロールが多く入ったものの食べる量を減らしてもコレステロール値は下がりません。衝撃的な事実です。コレステロールを多く入ったものを食べても体内に必要なければちゃんと排出しています。ただし、コレステロールの排出が追いつかないほどの食べ過ぎはNGです。

 

では、何が問題かといえば「LDL(悪玉)コレステロールの糖化と酸化」です。

 

LDL(悪玉)コレステロールの糖化

糖化とは、脂質(コレステロール)と糖、タンパク質がくっついて劣化することです。これが動脈硬化の原因になってしまいます。

 

【糖化の原因と対策】

 

・糖質の摂り過ぎ
 →糖質を摂り過ぎない
  通常、1日に必要な糖質は260g
  体がどうしても必要とする糖質は1日に100g
  糖質制限をしても100gは摂るようにしましょう。  

 

・高温での調理はAGE(終末糖化産物)という糖化の原因になる成分が発生します
 →AGE(終末糖化産物)を下げる
  酢やスパイスをつかう
  ビタミンB1(豚肉・玄米・大豆・レバー・鶏肉など)、ビタミンB6(カツオ・マグロ・サーモン・ナッツ・野菜など)を摂るようにしましょう

 

・タバコ
 →タバコを吸う人はAGE(終末糖化産物)の量が多いです。タバコは健康面でメリットはありません。

 

・紫外線
 →コラーゲンが糖化(AGE化)すると、シミやシワになります。紫外線が糖化させてしまうので日焼け止めなど紫外線対策しましょう。

LDL(悪玉)コレステロールの酸化

LDL(悪玉)コレステロールが血液中に増えすぎると、血管の壁に侵入し酸化します。血管の壁が盛り上がる動脈硬化になります。

 

 

(参照:ヘルスオイル→http://www.pip-healthoil.com/doumyakukouka/)

 

体内でエネルギーを代謝するときに活性酸素が発生しますが、この活性酸素がLDL(悪玉)コレステロールを酸化させてしまいます。

 

【酸化の対策】

 

・抗酸化作用のあるものを食べる
 →ポリフェノール、ビタミンACEには抗酸化作用があります。これらが含まれているものを積極的に食べましょう。

 

・酸化したものを食べない
 →酸化したものとは、インスタント食品、スナック菓子、食品添加物、脂質、時間がたった揚げ物などに含まれています。なるべく減らすように気をつけましょう。

 

・タバコ
 →タバコの成分にニコチン、タールがありますが、これが活性酸素を発生させます。また、タバコを吸うと血管が細くなり血流がわるくなります。血圧も上がり血管の壁にダメージを与え、動脈硬化の原因になります。体に良いものを食べてもタバコをやめなければ意味がありません。

 

LDL(悪玉)コレステロールを減らす方法

【運動を毎日する】
激しい運動や、負荷の大きい筋トレなどはする必要はありません。おそらく、そんな運動は続かない人がほとんどでしょう。LDL(悪玉)コレステロールを減らすには、軽い運動を毎日続けることが重要です。

 

ウォーキングがオススメですが、ほどよい心拍数の上昇があります。
□HDL(善玉)コレステロールが増える心拍数
1、安静時の心拍数をはかる
2、計算します。
  (220ー年齢ー安静時の心拍数)×0.5+安静時の心拍数

 

  わたしの場合
  (220ー38−60)×0.5+60=121
  ですので、心拍数が121になるウォーキングのスピードがベストということになります。

 

 

【食べすぎ・飲み過ぎない】
 「腹八分目」と言った昔の人はスゴいです。つい、食べすぎてしまう人は腹八分目で食事を終わらせましょう。また、アルコールの飲み過ぎもNGです。

 

 

【キトサンを摂る】
キトサンという不溶性食物繊維があります。カニなどの甲殻類に含まれていて、LDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあります。キトサンが含まれた青汁もあります。

 

 

青汁に含まれているコレステロールを下げる成分

 

【桑の葉「DNJ(デオキシノジリマイシン)」】
桑の葉にだけ含まれているDNJ(デオキシノジリマイシン)は、糖を吸収されにくくし、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。LDL(悪玉)コレステロールが糖化しにくくなります。

 

【大麦若葉「SOD酵素」】
大麦若葉に含まれているSOD酵素は、コレステロールを酸化させる活性酸素の働きを抑えることができます。また、酸化したコレステロールが血管の壁に沈着をするのを防いでくれます。

 

【ビタミンE】
ビタミンEには、動脈硬化の原因になる過酸化脂質を分解することができます。抗酸化作用も強いです。

 

 

□桑の葉が入った青汁

 

・ふるさと青汁
・オーガニック フルーツ青汁

 

 

□大麦若葉が入った青汁

 

・ふるさと青汁
・ユーグレナの緑汁
・サントリー極みの青汁
・えがおの青汁満菜
・すっきりフルーツ青汁
・オーガニック フルーツ青汁
・フレッシュ フルーツ青汁
・めっちゃ ぜいたくフルーツ青汁
・パインとりんごの青汁ゼリー

 

まとめ

青汁には、コレステロール低下に効果のある成分があることがわかりました。普段の食生活で野菜の栄養素が足りていない人は青汁で手軽に補うことができます。

 

ただし、基本は食生活を改善した方がより効果を実感できます。青汁さえ飲んでいれば大丈夫というわけではありません。青汁は薬ではないので即効性がないのも覚えておきましょう。

 

コレステロール低下に飲むと良いタイミングは、食事中です。コレステロール低下に有効な成分は、食事と青汁を一緒に摂ることで吸収がよくなります。